秘密基地で本を読もう~読書のススメ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、創生塾図書委員の中川です。創生塾では「聴くチカラ・引き出すチカラ」の講師をしています。
中学生高校生と図書委員→図書委員長というハイブリッドな人生を送ってきました。創生塾図書委員なんて初めて聞きました?もちろん、私(中川)が作った役職です。

日々集まる良書たち。

北九州創生塾が開催される秘密基地には、皆様のビジネスの力になる多種多様な蔵書があるのをご存知でしょうか。哲学書から最新のセールスライティング実践書、さらにはキングダム(漫画)まで幅広く揃っています。コワーカーの皆さんや創生塾の講師陣が読み終えた本をシェアのために置いて帰ったりすることも多く、良書が増えてきています。この良書たちを埋もれさせるのはもったいない!もっと皆さんにオススメしたい!そう思ったわけです。


蔵書の中からご案内

このブログで、少しずつ創生塾の蔵書を紹介していきます。創生塾のポイントを理解するのに大きく役立つのではないかと考えています。お忙しい皆様が手早く理解できるよう簡潔に、そしてポイントを押さえて本のエッセンスだけはお届けできるよう、頑張ります。

興味を持った本があれば、購入していただければうれしいです。または、秘密基地にきて手に取って読んでみてください。本を読むこともできます。

月に2~4冊程度のペースで紹介していく予定です。ご期待ください。次回はそこに見えている『ALLIANCE』について書きます。企業と従業員の間での同盟(ALLIANCE)について書かれた、超良書です。


「北九州文学サロン」開館イベントで柴田先生が来北!

話は変わるのですが、読書つながりでご案内です。来週3/20(月)、北九州の秘密基地に柴田元幸さんがいらっしゃいます。北九州市も本気ですね。センス抜群ですね。本当に素晴らしいです。文学サロンも行ってみたいですね。
「北九州文学サロン」オープン記念!福岡ユネスコ文化講演会「 外国文学を読む。訳す。~柴田元幸氏による講演と朗読の夕べ~」
(市のリンクはすでに終了。申し込んでないけど参加したい!って人は、コワーキングスペース秘密基地でお茶でもしてみては?ちょっと遠いけど、声は聞こえるかも。)

え?柴田元幸さんを知らない?
おお、それはもったいない。現代アメリカ文学の翻訳者として、本当に翻訳業界のスーパースターなんです。
【世界は第二の村上春樹を待っている―翻訳家・柴田元幸インタビュー(nippon.com)]】
図書委員的にはこの記事がオススメです。

特に私は20年くらい前からポール・オースターという作家さんが大好きで大好きで、本当に大好きで(長くなるので以下略)。秘密基地では、柴田元幸先生のコーナーを作ってお待ちしております。ぜひ手に取ってみてください。図書委員のオススメは『ムーン・パレス』です。(写真の在庫はほぼ図書委員の私物です。)

本を読むなら秘密基地!

というわけで、小倉でゆっくり本を読みたいと思ったあなたは、ぜひコワーキングスペース秘密基地へ。
読書会などもかなり開催されていますので、「おっ!」と思った方は扉を開けてみてください。外からは想像できない落ち着く空間が広がっていますよ!
(読書会の案内はこんな感じで、黒板に書かれています!いい感じでしょ。)

創生塾図書委員 中川 康文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加