「How to Die」 ~終着駅から見る自分の人生の進み方~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

講座の内容

あなたはどんな気持ちで人生最後の日を迎えますか?
周りの人達はどういう気持ちであなたを送りますか?

そしてあとどれくらい生きるつもりですか?

人生の目標を立てることはとても大事なことです。

「死」に向き合い、ほんとうの自分を見つけだし、その自分になれるように人生を設計する。それがこの講座のねらいです

 

しかし数時間後バナナの皮を踏んで打ちどころが悪く命を失うかもしれません。一年後、アパートのバルコニーから植木鉢が頭に落ちてきて死んでしまうかもしれません。あなただけではなく、あなたが大切にしている方にも同様の機会がおとずれます。

死を意識するということは、単に人生設計だけではなく、限られた期間の中で自分にとって重要であることと重要でないことの優劣をつけることにも役立ちます。

 

子供たちのために今よりももっと良い世の中にしたい。人々がもっと豊かに暮らせるようにしたい。戦争のない世の中にしたい。誰もがお腹いっぱい食べられるようにしたい。みんなが笑顔でいられるような社会にしたい。

 

私たちはいまだに矢じりや落とし穴使って狩りをして生計をたてている訳ではありません。これまで少しずつ誰かが社会に貢献してきて、その蓄積のおかげで今の社会があります。自分じゃないと達成できないことだけでなく、同じ考えの誰かを応援することで間接的に達成できるかもしれません。

 

「もっとこうしておくべきだった」90歳を向かえる高齢者の90%の方が冒険しなかった人生を後悔しているそうです。しかし大きな目標のために一番大切な人を不幸にしている場合もあります。

 

「死」を考えるということは「生」を考えるという事に他なりません。

 

今回の講座では、自分のゴールを設定し、ゴール地点から現在地を見下ろすとともに、これからどういう道を歩むべきなのか、社会における自分の役割を考える、そんな機会にしたいと思っています。

 

講師プロフィール

 

岡 浩平

講師のブログはコチラ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創生塾に関する情報を配信!ご登録はこちらから


講座に関する情報をメルマガで配信します。


ぜひ登録下さい。


souseijuku

登録はこちら