新世代のリーダーシップ概論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0831新世代リーダーシップ講

講座の内容

日本社会は現在、本当に複雑な問題をたくさん抱えており、解決が求められています。

しかしながら、あまりに複雑な社会の問題は、これまでやってきた方法だけでは解決することが困難です。

私たちには新しいやり方が必要です。

従来の資本主義型の“所有し成功者になる”ことが求められていた社会から、

“共有し幸福になる”新しい社会の在り方へ変容することが求められています。

それが、『シェアリング・エコノミー』という新しいパラダイムです。

だれかの真似ではない、だれかに与えられたものではない、”あなた”が本当に求める未来を描き、

価値を創り出し、そしてチームを築き、広げ、つないでいく!

複雑な現代社会に生きる私たちに求められる、「新世代のリーダーシップ」

シェアリング・エコノミーにおけるリーダーシップについて、渋谷先生の経験・学びを共有いただきます。

渋谷先生よりコメント

全編新コンテンツでお届けします。
今回は、「シェアリング・エコノミーで求められるリーダーシップの在り方」に焦点を当ててご紹介したいと思います。秘密基地を通じで得た「まちはチームだ的リーダーシップ」といってもいいです。

以下のキーワードに本気でかかわっている方、取り組んでいる方に貢献できる内容にできるよう、全編刷新してお届けしたいと思います。
・オープンイノベーション
・地方創生/地域活性化/まちづくり
・事業創出/スタートアップ
・政策/戦略
・技術開発/研究開発
・社会システム/経済システム
・バリューチェーン
・マネジメント
・防災/危機管理
・メディア/コミュニケーション
・コミュニティづくり/組織改革
・自己実現/人材育成

 

 「シェアリング・エコノミーは社会の命題」

今回、なぜ「シェアリング・エコノミーで求められるリーダーシップの在り方」に焦点を当てたかというと、

シェアリング・エコノミーが社会の命題そのものだからです。

”イノベーション”という言葉を使う人ならば、深く理解が求められるキーワードです。

実際、国の日本再興戦略2016にもシェアリング・エコノミーという言葉は明記されています。

ただ、その記述が少ないことからもわかるように、行政や大学、企業など含めてだれもがその

在り方を模索している状態なのです。

だから今回は実際に行政や企業など各方面に事例として紹介している、

ぼくなりに秘密基地を通じて見えてきたシェアリング・エコノミーと、

そこで必要になるリーダーシップを改めて整理してお伝えしようと思います。

 

講師から講師へのバトンタッチ(7つの習慣活用講座KA-TSU先生より)

(KA-TSU先生コメント)

7つの習慣の次が、渋谷さんのリーダーシップで、もう事前に資料も拝見させていただいたんですが、刷新された、まったくリニューアルされた内容でした。

ある意味、普通一般的に考えられているリーダーシップの次の概念というか、今の時代に合っているというよりも、その先をいっている、

世の中こうなるだろう、ならなくちゃダメだなと思う、その先を行くリーダーシップの話をされていますね。

でもそれも7つの習慣と一緒なんですよね。その根底があって、本当の意味で原点により返るというか、テクニックではなく、本質にどんどん近づいている。原理原則に近づいている

渋谷さんご自身が、経験上、原理原則に従っていっているんだろうな、と思います。人としてどう在るべきか、とか。リーダーとしてどうあるべきか、とか。

そういうところに、本当にご自身が体験されていることを、講座でお話しいただけるので、これはすごく価値あると思います。どこの本にも書いていないことなので。ここでしか受けられない内容かと。

特に渋谷さんのお人柄がすばらしい方なので、その渋谷さんの口から発せられる、体から発せられるメッセージをわたしも楽しみにしているし、それを自分のものにして、次世代のリーダー、これから求められているリーダーっていうところに、ひとりひとりが進んでいけるといいのかな、と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創生塾に関する情報を配信!ご登録はこちらから


講座に関する情報をメルマガで配信します。


ぜひ登録下さい。


souseijuku

登録はこちら

コメントを残す

*