ダイレクト・マーケティング基礎講座 〜ファンも増え、売上も増えるバナナマン流集客法〜のポイント公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小零細企業、個人経営に効果バツグンのダイレクト・マーケティング

コミュニティからはじまるマーケティング

重要なキーワードは「コミュニティ」。バナナマン流と題しているのは、ここに理由があります。地域を盛り上げるコミュニティ作り。地域に活気があるということは、お店にお客様が多く訪れるということになります。

創生塾の講座「ローカルコミュニティ戦略」(公開準備中)ローカルを元気にし、公(パブリック)に仕事を見出す。そんな内容です。こちらもぜひ受講されてください。「ダイレクト・マーケティング」の講座の基盤となる内容です。

ここでは、コミュニティ作りの作法を少しご紹介します。それは、「ミッション」を作ることです。共通する利点・同じ問題・同じ夢をみれる。こんなことを大切にしながら、社会的意義を見出せる場であることが重要なのです。

ダイレクト・マーケティングって、何?

一人当たりの広告宣伝費を下げて、
見込み客から成約をとり、固定客化していく方法論

新規顧客を獲得するために一番必要なのは広告費です。その広告費をできるだけ低くして、顧客を獲得できたら、とってもいいと思いませんか?しかも、この方法は自分で営業をかけるスタイルではありません!お客様の方からアクションしてもらえるという理想的な方法なんです。

 

セールステクニックがこんなに!

BtoCの方にぜひ聞いていただきたいテクニックが満載です!ご商売や自分でサロンなどを初められた方からよく聞くのは、集客に関するお悩みです。そんな方に本当に役立つ内容です。そんな方からよく聞くのは、やみくもにチラシを自作して、片っ端からポスティングするけれど、効果は得られなかった。

実は、私はそんな話を聞くと一番はじめに秋武先生の講座をおすすめします。まわしものではありませんが(笑)効率的で、確実な手法だからです。マーケティングの本はたくさんありますが、先に講座を聞いておくと良いとも思います。

固定客=ファンを獲得する

その手法を少しだけご紹介します。
ダイレクトマーケティングは、昔から使われてきた手法で、それが今でも使えるということは、「基本」だからだと秋武先生。電話や紙媒体がメインだった従来の方法をネットを使った、メールやSNSなどに置き換えて使えば、飛躍的に効果を得やすくなっているとも言えます。

コミュニティ→見込み客→顧客→固定客(ファン)へとステップアップ。

そのためには、システムが必要になります。

コミュニティ作りができたら、

まず見込み客のデータを獲得することから始まります。例えば、資料請求やポイントカードなどを利用します。そのデータを使って、効果的な「接触を複数回」行い、顧客へと繋げます。そして、見込み客に継続的なフォローをします。例えばDMもその一つです。(このDMの内容にも講座でふれています。)さらに、お客様の心に近づき、一人一人を把握することで、顧客ロイヤリティを高め、固定客を作っていくのです。そうなった時、客様はあなたのお店のファンになっている。そんなシステムです。ここではざっくりご説明しましたが、講座では詳しくそれぞれのテクニックを学べます。

 

受講者の声

 

 

講座「ダイレクト・マーケティング基礎講座 〜ファンも増え、売上も増えるバナナマン流集客法〜」より


eラーニングでさらに深い学びを

ほんの一部をご紹介したダイレクトマーケティング。ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。(動画配信は現在準備中です。)

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加