講座のポイント大公開!

創生塾を受講して、人生の考え方が変わった大学生。

人生の考え方が変わった大学生。

創生塾あり方講座風景

第8期から、初めて創生塾を受講することになり、来年の春から社会人になる自分にとっては、大学の授業では学べない、新鮮な内容でした。


大学生の入江君が受講したのは【来たる激動時代を生き抜く「新たな人生設計」】 講師はKA-TSU先生。創生塾は大人だけのものではありません。これから社会で活躍する世代、そして子どもたちにもぜひ受講して欲しい内容です。(この講座はeラーニングで、期間限定・無料公開しています。)


人生の設計図「ライフプラン」を作ること

江戸時代は人生50年だったのに対し、いまや平均寿命が女性は87歳、男性は80歳生きる現代で、「これからの10年間は、これまでの30年に匹敵する」というのは強く印象に残りました。KA-TSU先生は、「人生100年計画」とおっしゃってましたが、僕はまだ22歳。全く想像もつかないというのが、正直な感想でした。

しかし、様々な技術の進歩により、平均寿命が今後も伸びていくなか、残りの人生をただ何も考えずに過ごすのは、確かにもったいないですね。

大学生のお金と時間

ここから、大学生の僕はほとんど考えたことがない、お金の話になりました。

「去年の1年間に、どれくらいお金を使った?」という質問。参加者の中で、これを把握できているのは1名だけでした。僕はほとんどバイト収入なので、収入も支出も大してありません。それなのに、今までほとんど把握していなかった自分に気づきました。

また、欲しいものではなく、必要なものに投資すること。

例えばドローンを持っている人の話。 誰よりも先に買って、 誰よりも先に練習して、 誰よりも先にうまいパイロットになったら??

これは、学生にこそ必要な視点ではないでしょうか。お金はなくても時間はあるわけなので、この話にはハッとしました。

人生設計の考え方が変わる

「人生設計」というと、どこの大学に行って、どこに就職して…というふうに、目前にある、一般化されたライフイベントをどう乗り越えるか、という視点になりそうですが、今回の講座を受けて、完全にひっくり返りました。

まず、理想的な人生とはなにか?そのために、必要な人・もの・こと・スキルは?というふうに逆算して考えるものなんですね!

また、「やり方より、あり方」「Know HowよりもKnow Who」など、日頃は当たり前のように考えていることでも、本質を見抜くとそうではないということに気づかされました。

残りの人生をどう生きるか、どう生きたいか。22歳のタイミングでこの話を聞くことができて、本当に良かったと思います。

 


入江君の受講した内容は、eラーニングで期間限定 無料公開中!簡単な登録でご覧いただけます。そのほかにもたくさんの講座を公開していますので、チェックしてみてください!

https://www.souseijuku.com/elearning/

アフィリエイトから見える貴方の未来の未来 〜Beyond the affiriate〜

アフィリエイトは、やり方より「あり方」

アフィリエイトとは

まずは、アフィリエトについてお話しします。自分の紹介したい商品をブログなどに掲載して、その商品が売れたらその一部を報酬としていただくことができるというもの。

方法は意外に簡単です。

  1. 自分のメディア、つまりブログやウェブサイト、メルマガなどを用意
  2. ASP(Affiliate Service Provider)から広告を選択
  3. メディアに広告を掲載
  4. 広告から商品が売れる
  5. 売り上げの一部を報酬をしていただける

実際に作業をするのは1〜3まで。きっと皆さんが思っているより簡単です!細かな作業方法は、ぜひeラーニングでご覧ください。丁寧にご案内いただいています。

ゴールは何か

アフィリエイトをする上で、あなたは何をゴールとしますか?それは、人それぞれでいいのです。

「こうでなければいけない」という考えや、「こうやると良い」というやり方を捨てて、どんどんやってみましょう。考えているだけでは、何も生まれません。やってみて、そのつまづきから、さらなるレベルアップしていけると山下先生。

ゴールを考えた時、アクセス数は、インサイトなどで目に見え、ついそこに注力してしまいがちです。しかし、アクセス数を目標とした時、アフィリエイトでは、特に意味を持ちません。アクセス数よりも、成約率を見ましょう。

やり方よりもあり方

単に売れたということではなく、その成約によって、購入者にどのようなことを感じていただけるか。また、どのようなことを差し上げることができるか。

ゴールを決めるということ、それは、あなたの「あり方をもつ」こととも言えます。逆言えば、あなたのあり方・良さが出ていたりすることも、成約率に関係してくるということでもあります。

これは、どんな仕事においても、同じことが言えますね!

アフィリエイトから見える貴方の未来の未来 〜Beyond the affiriate〜より


eラーニングでさらに深い学びを

講座では詳細な作業方法も丁寧にお伝えいただきましたが、このブログでは、一部をご紹介しました。

〜講座の概要〜

  1. アフィリエイトとは?
  2. 具体的な手法
    1、メディアの立ち上げ
    2、ASP(広告元)を選ぶ・広告を選択する
    3、サイトに貼り付ける
  3. アフィリエイトが上手くいかないコツ
  4. これからどう取り組んでいくべきか?

ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。(動画配信は現在準備中です。)

ホームページはこちら https://www.souseijuku.com/

 

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

一日たった5分で、最高の結果を出す『Facebook活用法』 〜99%の人が知らない真の秘訣〜

Facebookは交流促進・信頼構築ツール

交流がなければ、あなたの情報は届かない?!

Facebookをどのように使っていますか?投稿内容は自分の近況でしょうか?お友達の投稿にはどのように対応していますか?Facebookは、実社会そのもです。Facebook上のお友達は、リアルな友達だったり、お仕事で知り合った方などがほとんどでしょう。その方々に自分の投稿を見てもらうためには「交流」が必要なんです。

ニュースフィードでは全ての情報が流れていないんです。

Facebookでいう交流とは、投稿に対して、いいね!などの「リアクション」や「コメント」「メッセージ」を送ること。この交流を多くすることで、お友達と強く繋がることができ、自分の投稿を届けることができます。交流がないと、Facebookの特性上情報は届きにくくなってしまうんです。

交流のバロメーター「いいね!率」

お友達の数に対して、どれくらいの「いいね!」をもらえているでしょうか?

  • 30%以上・・・人気者
  • 20%以上・・・普通
  • 10%以上・・・反省
  • 10%以下・・・即修正

お友達の数が多いと、いいね率は下がります。例えば300人のお友達がいたとして、どれだけの方と交流が可能でしょうか。そもそも、ニュースフィードに上がってくる数も限られていて、忙しい毎日の中で、見られている情報はさらに限定されます。この狭き門の中でどれくらい情報が届いているのか、確認してみましょう!

初対面や面識のない方へのお友達申請はやめよう

交流会や勉強会で初めて出会った人や、友達の友達だからという理由で、Facebookのお友達申請をするのはやめましょう。相手がFacebookをあまり活用していないかもしれませんし、上記のように情報公開に気を使っているかもしれません。本当に繋がりたい人とだけ繋がる方が、実はお互いのためなんです。

相手の情報を本当に見たいなら、「フォロー」ボタンを活用しましょう。

お友達にならなくても、フォローをすれば、情報を受け取ることができます。はじめに書きましたように、Facebookは実社会です。何度かお会いして、お互いを知ってリアルに交流ができるようになったときにFacebookを利用することで、より強い信頼関係を構築することができるのです。

一日たった5分で、最高の結果を出す『Facebook活用法』 〜99%の人が知らない真の秘訣〜より


eラーニングでさらに深い学びを

このブログでは、基礎編の一部をご紹介しました。

  • 自分や友達を守るための設定
  • 届きやすい投稿のコツ
  • ビジネス成功のためには
  • Facebookグループ活用
  • イベントの集客の法則
  • Facebookページの上手な使い方
    などなど

盛りだくさんの内容でお送りしました。ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。(動画配信は現在準備中です。)

ホームページはこちら
https://www.souseijuku.com/

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

 

Instagramを活用してグローカルに働く 〜インスタグラマーという新たな生き方〜

新しい働き方への挑戦。

 

 

新たな生き方

栗山先生は、元々インスタグラマーでもフォトグラファーでもありませんでした。職業替えをされて新しい働き方を選択。フリーランスになって「目的が自分の信念と共感するかどうか、命をかける理由が見つけられるかどうか。」を大切にお仕事をしているそう。自分らしい、新しい生き方にシフトチェンジしたとも言えますね。

今、働くことが苦痛になっている時代。自分らしく生きることができず、不満をかかえながらも生活のために働く。そんな疲れ切った仕事のやり方はもう止めにしたい。望んでいる方も多いのではないでしょうか。「自分の信念と共感する」これを基準とした働き方ができたら、自分の力を出し切れる。そんなふうに思います。

講師の栗山先生は、創生塾の卒業生

北九州でインスタグラマーという職業をしている人は栗山先生が1番初めでしょう。そのきっかけとなったのは創生塾のInstagram講座を受講したことだそうです。だれもやっていない所にマーケットを見出し、細かく研究し、目標とされる方に会いにいかれ、Instagramの運営も毎日され、その行動力とやり続けることで今の実績を実現できているのだと体現されています。

創生塾は、教えるというスタンスではなく、「知見と体験のシェアリング」の場です。ぜひ皆さんも創生塾受講後の交流をおすすめします。相談すれば、どんな質問にも答えてくださいます。

自分のビジネスを相談できる

創生塾は各講座の講師が行う「無料創業相談」を2017年12月まで受け付けています。もちろん、栗山先生にも、個別でご相談いただけます。起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。ご都合の合う時にできますので、お問い合わせください。

場所:秘密基地 電話受付:10:00~18:00 TEL.093-967-1003
創生塾HP問い合わせフォーム https://www.souseijuku.com/contact/

 

Instagramをたくさんの人に見てもらうには

Instagramのテクニックは、文字でご説明するより、写真をみながらの方がわかりやすいですので、今回は少しだけご紹介します。(期間限定でeラーニング無料公開予定です。)
Instagramは、FacebookやTwitterと違い、世界中にファンを作りやすいSNSです。とはいっても、Instagramは拡散力の弱いツールです。では、たくさんの人に見てもらうには、どうしたら良いでしょうか。栗山先生は終始次のことが大切だと言われていました。

「自分が発信したいものではなく、誰かが見たいものを発信する」

あなたはどんな投稿をしていますか?今日は食べたオシャレだったもの?昨日は綺麗な空の風景?そんな見せたいものを投稿しているかもしれません。きっとリアルなお友達以外はフォローてくれると思いますが、知らない相手だとしたら、フォローしたいとなかなか思われないでしょう。会ったことのない、たくさんの人に見てもらいたいと思のであれば、「見たいと思われる写真」を投稿しましょう。

見たいと思われる写真ってどんな写真?

具体的には、「統一感を出す」ということ。
テーマを設ける
何かテーマを1つに絞って、その世界観を表現することで、見る人にわかりやすく訴求することができます。例えば、子供のファッション・可愛いペット・手作り弁当など。さらに、何を目標にするのかということを考えると良いでしょう。テーマがはっきりしているアカウントは、フォローされやすくなります。
色を合わせる
明るい・暗い・鮮やかなどの色合いを統一します。アプリを使うこともおすすめしますが、バラバラのフィルターを使うと色味がバラバラになってしまうので、同じものを使うようにします。

 

このほかにも、Instagramの画面を見ながら、フォロワーの増やし方、具体的な写真の構図や加工の方法、(#)ハッシュタグ、操作方法についてなどなど詳しく学べます!

〜講座の概要〜
・Instagramが持つ可能性
・アカウントのタイプ
・ビジネス化のポイント
・多くの人に見てもらうには
・タイプ別のアドバイス

このような内容でのInstagramの講座。

Instagramを活用してグローカルに働く 〜インスタグラマーという新たな生き方〜より


 eラーニングでさらに深い学びを

ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。(動画配信は現在準備中です。)

ホームページはこちら
https://www.souseijuku.com/

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

 

仕事がドンドン入ってくる「ブログの力」 ~ブログは365日休まず働く、強い味方~

あなたのブログはきちんと書けていますか?

この講座は盛りだくさんの内容でお送りします。

〜講座の概要〜

  • 「なぜブログ?」ブログの良いところはここ!
  • 「ブログサービスの種類」アメブロ?ワードプレス?
  • 「ブログを書く10のコツ」書き方と注意点
  • 「検索されるブログを目指す」キーワードが重要!
  • 「ブログで収益を生む」広告とアフィリエイト
  • 「SNSとの連動と相性」書いたら見てもらおう!

ここでは、内容の一部と、受講した感想をシェアします!

なぜブログが良いと言われるの?

ブログには何を書きますか?今日あったこと?どこかへ行ったことでしょうか?日記代わりに使っている方もいらっしゃるとおもいますが、お仕事で使いたいと思った時、それでいいのでしょうか?

何かわからないことがあった時、多くの方はインターネットでキーワード検索をします。その時、あなたの書いたブログにそのキーワードがあると、見てもらえる可能性があるのです。その時ブログに書かれた内容がみなさんの知見だったらどうでしょうか。そう、沢山の方の役に立つツールとなるのです。さらには、あなたの専門知識を見てもらえる最適なツールと言えます。

つまり、

日記ではなく、有益情報を提供すると良いのです!
ブログは、情報が流れていくSNSと違って、書いた記事が蓄積され、何度でも読まれます。それはあなたの「本」となり「財産」となるということなんです!

そう考えると、自分で事業をしていく上では、とっても有利ですね。自分の専門分野の知識が、誰かの役に立つとしたら、それは嬉しいことですし、そんな情報を多く提供されている人だと信頼は高くなり、読者はファンになり、さらにはお仕事を頼みたい!その商品が欲しい!そんな風に思っていただけると思います。

あなたらしいブログを気軽に書こう!

ブログを書く上で気になるのは、自分のブログは本当にこんな記事で良いのだろうか?そもそも何を書いたら良いのかわからないし、ネタがそんなにない・・・きっとそんな壁にぶつかるでしょう。

理想的には、1記事1500文字以上を毎日書いて、100記事までは続ける。ということなのですが、そう思うとなかなか踏み出しにくいもの。

理想はあるけれど、まずは書くことが大事!とKA-TSU先生。初めは、内容も良いものではないかもしれませんし、文字数も多くは書いづらいかもしれません。ですが、書かないよりは絶対良いし、始めたからと言ってすぐに見られるものではないから、気にしなくて良いんです。

私(筆者)もその言葉を聞いて、とても勇気付けられました。色々と考えるより、まず書いてみて、自分なりのスタイルを作ったり、よく見ていただける記事がどんなものかがわかってくればそれで良いのだと。

書き方のコツを学ぼう!

前回までに受けたブログの講座より、さらに書きやすくなる内容と、テクニックが盛り込まれている内容でした。特にキーワードについては、とても参考になります。受講者アンケートでは、「ブログを書く10のコツ」が良かったと多くの声をいただいています。ぜひみなさんも参考にされて、より良い記事を書いてみませんか?

成功者とは

成功者とは、誰でもできる事を、誰もできないほどやった人。

続けることは大変だとは思いますが、この講座を受講して、やめてしまっていた方も、これからの方も、成功の道を進みませんか?

〜講座の概要〜

  • 「なぜブログ?」ブログの良いところはここ!
  • 「ブログサービスの種類」アメブロ?ワードプレス?
  • 「ブログを書く10のコツ」書き方と注意点
  • 「検索されるブログを目指す」キーワードが重要!
  • 「ブログで収益を生む」広告とアフィリエイト
  • 「SNSとの連動と相性」書いたら見てもらおう!

仕事がドンドン入ってくる「ブログの力」 ~ブログは365日休まず働く、強い味方~より


 eラーニングでさらに深い学びを

ここでご紹介した内容はほんの一部です。本当に盛りだくさんの内容ですので、ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。(動画配信は現在準備中です。)

ホームページはこちら
https://www.souseijuku.com/

ちなみに、今日の文字数は1727文字でした!

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

SNS活用法 〜ビジネスに必須の基礎知識〜のポイント大公開!

SNSを正しく活用して、成果をあげる!

SNSは経営戦略の一環!

個人でSNSを遊びで使っている人も多くいますが、事業で使う場合、それは経営戦略の一環となります。自分で情報を提供すると言うことは、自分が「メディア」となる事と同じなのです。チラシやパンフレットを配布するのと同じように、広告宣伝の媒体として活用できるものなのです。

検索をするとき、多くの方はGoogleやYahoo!を思いつくと思いますが、実はTwitterやInstagramで検索をする人が増えてきている事をご存知でしょうか?情報を得たい人に発信できるのですから、やらない手はないのです!

 

あなたに合ったSNSを使いましょう。

Facebook・Twitter・Instagramはメジャーなので、ご存知かと思いますが、その他にも多くのSNSが存在します。それぞれに特徴があります。大きく分けて、文字・写真・動画という違い。そして、情報の拡散の仕方、使われている年齢層などが違います。TumblrやPinterestといったマイナーなSNSもありますが、使い方によってはとても便利で有効的です。

流行っているから使うのではなく、目的に合ったツールを選ぶことが大切です。どのツールにどのような特徴があるのかを講座の中でご紹介しています。(FacebookとInstagram、そしてblogは個別の講座もありますので、そちらもで学んでいただけます。)

ここで気になるのは、どのようなネタを投稿すればいいのか?と言う問題。さらには、どうやって情報を発信すれば良いのか。正しい手法も講座で学べます。

 

成功した人の共通点

「誰でもできることを、誰もできないほど、やり続けたひと」

HPやブログ、SNSは1ヶ月間、毎日投稿したからといって、結果のでるものではありません。長く長くやり続けることが大切だとKA-TSU先生。それは大変な作業だと思います。3日坊主だったり、結果が出なくてやめてしまったり。私(筆者)自身もあることです。毎日やり続けることはとても大変です。でもその積み重ねが大きな財産となり、大きな結果となるので、誰かに先をこされないよう、1日も早く始めたい。そのように思え、ぜひ皆さまにも始めて欲しいと思う講座でした。

SNS活用法 〜ビジネスに必須の基礎知識〜より

 


 eラーニングでさらに深い学びを

ここでご紹介した内容はほんの一部です。本当に盛りだくさんの内容ですので、ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。(動画配信は現在準備中です。)

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

ダイレクト・マーケティング基礎講座 〜ファンも増え、売上も増えるバナナマン流集客法〜のポイント公開!

中小零細企業、個人経営に効果バツグンのダイレクト・マーケティング

コミュニティからはじまるマーケティング

重要なキーワードは「コミュニティ」。バナナマン流と題しているのは、ここに理由があります。地域を盛り上げるコミュニティ作り。地域に活気があるということは、お店にお客様が多く訪れるということになります。

創生塾の講座「ローカルコミュニティ戦略」(公開準備中)ローカルを元気にし、公(パブリック)に仕事を見出す。そんな内容です。こちらもぜひ受講されてください。「ダイレクト・マーケティング」の講座の基盤となる内容です。

ここでは、コミュニティ作りの作法を少しご紹介します。それは、「ミッション」を作ることです。共通する利点・同じ問題・同じ夢をみれる。こんなことを大切にしながら、社会的意義を見出せる場であることが重要なのです。

ダイレクト・マーケティングって、何?

一人当たりの広告宣伝費を下げて、
見込み客から成約をとり、固定客化していく方法論

新規顧客を獲得するために一番必要なのは広告費です。その広告費をできるだけ低くして、顧客を獲得できたら、とってもいいと思いませんか?しかも、この方法は自分で営業をかけるスタイルではありません!お客様の方からアクションしてもらえるという理想的な方法なんです。

 

セールステクニックがこんなに!

BtoCの方にぜひ聞いていただきたいテクニックが満載です!ご商売や自分でサロンなどを初められた方からよく聞くのは、集客に関するお悩みです。そんな方に本当に役立つ内容です。そんな方からよく聞くのは、やみくもにチラシを自作して、片っ端からポスティングするけれど、効果は得られなかった。

実は、私はそんな話を聞くと一番はじめに秋武先生の講座をおすすめします。まわしものではありませんが(笑)効率的で、確実な手法だからです。マーケティングの本はたくさんありますが、先に講座を聞いておくと良いとも思います。

固定客=ファンを獲得する

その手法を少しだけご紹介します。
ダイレクトマーケティングは、昔から使われてきた手法で、それが今でも使えるということは、「基本」だからだと秋武先生。電話や紙媒体がメインだった従来の方法をネットを使った、メールやSNSなどに置き換えて使えば、飛躍的に効果を得やすくなっているとも言えます。

コミュニティ→見込み客→顧客→固定客(ファン)へとステップアップ。

そのためには、システムが必要になります。

コミュニティ作りができたら、

まず見込み客のデータを獲得することから始まります。例えば、資料請求やポイントカードなどを利用します。そのデータを使って、効果的な「接触を複数回」行い、顧客へと繋げます。そして、見込み客に継続的なフォローをします。例えばDMもその一つです。(このDMの内容にも講座でふれています。)さらに、お客様の心に近づき、一人一人を把握することで、顧客ロイヤリティを高め、固定客を作っていくのです。そうなった時、客様はあなたのお店のファンになっている。そんなシステムです。ここではざっくりご説明しましたが、講座では詳しくそれぞれのテクニックを学べます。

 

受講者の声

 

 

講座「ダイレクト・マーケティング基礎講座 〜ファンも増え、売上も増えるバナナマン流集客法〜」より


eラーニングでさらに深い学びを

ほんの一部をご紹介したダイレクトマーケティング。ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。(動画配信は現在準備中です。)

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

 

イノベーターへの道〜21世紀式マーケット先取り術〜のポイント大公開!

「イノベーターへの道」そのポイントをご紹介します。

 

大切なのは、楽しむ!笑顔で働く!

あなたにはどんな欲求がありますか?売上・利益・家・車・家庭など欲しいものは必ずあると思います。そのために頑張っていてどうでしょうか?

生活のため、家族のため・・・。木になる実ばかりを追い求めていると、本当に大切な心、つまり「幹」に栄養が行かず、木そのものが倒れてしまいます。

大切なのは、楽しむこと。笑顔で働くこと。これができれば、大きな「実」もできるようになるはずです。

 

マーケットと自分の興味と判断力

津田先生は、ご自身の興味のあることや、こんな物があったらいいなぁと探していて見つかった物で、これから広がるであろうマーケットにいち早く着手するそう。SNSや暗号通貨、USTREAMやFRESH!にも、日本で有名になる前から使っていたのだとか。

先生のマイストーリーをお話いただく中で、印象的だったのは、トコトン深堀して猛勉強したり、会いたい人に会うための機会を自分で作ったりするけれど、「違う!」と思ったら、早々に手放すと言われていた点です。次々に新しいマーケットを見極めて着手する、その判断する力がとても大きいように感じました。

イノベーターってなれるもの?

大きな損失によって、とても困難な状況に陥ってどうしようもなくなった時の経験をお話いただきました。そこから這い上がるためには、法則がある。と津田先生。それは、新しい価値を創造するための、「視点の転換」や「市場を開拓する方法」やその考え方です。

このことは、私たちの事業を進めていく上で、活用できる内容でした。しかもその方法は1つではありません。自分はイノベーターではないし、先生だからできる事なのでは?と考えてしまいますが、そうではありませんでした。

自分にはできない分野の事もあるけれど、その周りには、「やれることがきっとあるはず」だということ。自分にはできない・・・。無理だ。そんな思い込みはもうやめて、できる事を探そう!そんな勇気をもらえる内容だったとも思います。

いつの時代にもチャンスはある!

テレビで流れている情報の多くはBad Newsが多く、これからは難しい時代だと多くの人が感じている状況ですが、「本当はそうではない」とお話いただきました。いつの時代にも変化は起こり、新しい技術が生まれているのです。インフラが変わったり、テクノロジーが進化することは、大きなチャンスとなるのです。そのチャンスの見つけ方まで本当に細かく教えていただけました。

 

 

講座「イノベーターへの道〜21世紀式マーケット先取り術〜」より


eラーニングでさらに深い学びを

本当にここまで教えてくれるの?!というくらいの内容でした。ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで受講していただきたいと思います。イノベーター道に進みましょう!(動画配信は現在準備中です。)

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

 

突破力 実践編 ~つながりと想いを力に変える方法~のポイント公開!

ファシリテーション

 「突破力」実践編のポイントをご紹介します。

実践編はワークが中心の講座ですので、このブログではポイントだけをお伝えします。文字で伝わるものではないので、ぜひeラーニングで体感して頂くことをおすすめします!

事業の場に多くある問題を突破する。

事業をしていく中では、成果を出す必要があります。しかし、成果を出すには、多くの壁が立ちふさがります。それは、関わる人の感情が入り乱れ、まとめるのが難しくなったり、自分の感情も「難しいなぁ」とストップをかけてしまうからです。この難しい状態を「突破する力」をつけると、物事がうまく行く「フロー状態」を作ることができるのです。

実際にフロー状態を創る考え方

ブラックと呼ばれる状態は、効率性を高めた(合理主義)と隣り合わせです。効率だけを求めると、幸福感(精神的な充足感)は下がってくるでしょう。一番良い状態「フロー状態」は、効率性も幸福度も両方上げて行く作業が必要なのです。

事業に置ける「必要なこと」と、「壁」とは何か

複雑な社会で、複雑な要求に応えるために必要なことがあります。

  • 社会的意義
  • 持続性・強靭性
  • 収益性
  • 実現可能性
  • 個々の腹に落ち感

これらが必要になります。そのためには、「より迅速に」「より高度に」「より柔軟に」やって行くことが求められます。このことは容易くはありません。そう、これらが壁となるからです。

4つの発揮すべき場面

安定した継続は永遠ではありません。何か問題が起こった時、まず初めに「1、枠組みをはずす」ことから考えましょう。今ままでやってきたことは通用しませんから、創造的破壊を試みるのです。そうすると、「2、気づき」を得ることができるはずです。その気づきを「3、調整」し、新しい形を作って行きましょう。「4、安定した継続」を目指します。初めに書きましたように、安定した継続は永遠ではありません。また、問題が起こった時にこのサイクルを何度も行います。この4つの場面で、突破力は発揮されます。

 何のために生まれて、何のために生きるのか

突破力の方法や、発揮する場面がわかったところで、いざやろうとしてもできるものではありません。それは、ひとりひとりの根源的な人生の意味(生まれてきた意味)を見つけ、自分の根源から壁に向かい合うことができて、やっと人と関われるからです。

無意識の「決めつけ」

無意識の「あきらめ」

無意識の「恐れ」

これらを全て取り除くことで、やっと根源から関われるようになります。それはとても苦しいことです。見ないふりをして逃げてきたことだったり、悲しみだったりするからです。ひとりでこれを解決するのは難しいですよね。普段は無意識ですから・・・。

 

講座「突破力 実践編 ~つながりと想いを力に変える方法~」より

 


ファシリテーション・ブートキャンプ開催決定!

創生塾では、突破力=ファシリテーションの集中講座を定期開催しています。題して「イノベーションのための、ファシリテーションブートキャンプ〜特別短期集中〜」突破力の講座はとても深い内容です。通常講座では、概論的な内容です。2部構ではありますが、全てを掴むことはできません。

本当に周りと自分にむき合い、突破力(どうにもならない問題を何とかする力)を身に付けたいとお考えの方はぜひファシリテーション・ブートキャンプにご参加ください。新しい気づきと大きな変化が起こるでしょう。

詳細はフェイスブックページで
https://www.facebook.com/events/127064457991317/?ti=ic

お申し込み:この講座のお申込みはメールにてお受けいたします。下記アドレスへ直接お申込みください。
desk@coworking802.com
※FBイベントページへ参加ボタンのクリックだけでお申込みは完了いたしません。ご注意ください。 

 


この講座はeラーニングでも学べます。

このブログで紹介した内容はごく一部です。講座の中では、様々なワーク元に体感しながら学ぶ事ができます。ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで講座を受講して見ませんか?その際は、ぜひどなたかと一緒にワークをしながら視聴してみてください。より深い学びとなるのでおすすめです。(動画配信は現在準備中です。)

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。

 

思わず反応してしまう言葉の使い方〜相手の気持に寄り添う方法〜のポイントを大公開!

思わず反応してしまう言葉の使い方〜相手の気持に寄り添う方法〜の講座でのポイントをご紹介します。

背景を知る

相手の気持ちを理解しようとするなら、相手の背景を知る必要があります。背景と言っても様々です。社会的な背景をみれば、多くの情報源はテレビではなく、SNSの時代になってきています。また、ユーザー側の背景で見れば、大量消費を好まず、価値のある必要なものだけを求める傾向にありますし、さらに、シェアするスタイルも多くみられるようになりました。家やオフィス、車など様々ですね。

これは、今までの常識が通用しなくなっている、ともいえます。今日の非常識は明日の常識となるくらい、めまぐるしい変化が起きているのです。

 

価値観の奥に潜む真の欲求をつかむ。

「あなたの大事だと思っていることは、何ですか?」「それはなぜですか?」と質問してみてください。この「なぜ」の答えが人が動くポイントです。相手の真の欲求を理解することで、反応する言葉が使えるようになります。

痛みを避ける or 快楽を得る

「なぜ」の答えには、大きく分けると「痛みを避ける」「快楽を得る」という二つの表現があります。

痛みを避ける行動をする方は、問題があるから行動する。◯◯を防ぎたいから行動する。といった答えをします。
快楽を得る行動をする方は、達成したいから行動する。◯◯が欲しいから行動する。といった答えをします。

その時の状況や、話の背景によって答えは変わります。この人はこういう人だという決めつけではなく、柔軟に寄り添うこともポイントになります。
問題を解決するために行動する人は、ネガティブだと捉えられるかもしれませんが、その人が経営者だとすれば大切な事となりますし、◯◯が欲しいからと、行動する人はポジティブだと捉えられるかもしれませんが、目的しかみていないかもしれません。

どちらが良いという話ではなく、その人にどう言葉を投げかけるか。ということです。
その人の背景を知り、気持ちに寄り添う言葉をチョイスすることでその方は、必ず反応するでしょう!

言葉の使い方で人生も良いものに!

相手に寄り添った言葉を使う事は、ビジネスの面だけでなく、コミュニケーション能力を磨くことにもなるのです。ぜひこの方法を実践してみてください!

安藤隆幸先生

講座「思わず反応してしまう言葉の使い方〜相手の気持に寄り添う方法〜」より


eラーニングでさらに深い学びを

このブログで紹介した内容はごく一部です。講座の中では、様々な例を元に体感しながら学ぶ事ができます。ライブ講座にご参加いただけなかったかたには、ぜひeラーニングで講座を受講していただければ幸いです。その際は、ぜひどなたかと一緒にワークをしながら視聴してみてください。深い学びとなるのでおすすめです。(動画配信は現在準備中です。)

創業支援窓口

創生塾では、起業に関心がある方や、創業5年以内の方の疑問・悩みを直接お聞きして、アドバイスいたします。
ご希望の方は事務局 <info@souseijuku.com>までお問い合わせください。